Xnormalメモ

Xnormalメモ

複雑ではないので覚書程度、順次、書き足していく予定

使用目的は、ノーマルマップ、AOマップ作成、そしてノーマルマップからのキャビティーマップの作成
の頻度が高い。



ノーマルマップ

Highdefintionmeshesで Zbrushで吐き出したハイポリモデル(OBJ)を指定
(この際、右クリックメニューのBase Texture To Bakeでテクスチャを指定してやる事により
テスクチャのベイクも可能になる、利点は、ハイとローのモデルのUVが違っていてもOKな点)

lowdefinitionmeshes で ローポリモデルを指定、この際MatchUVsとAveragenormalsにチェックを入れる。
Bakingoptionsの項目でノーマルマップを指定、padding(余白)や解像度、保存先もここで指定できる。

キャビティーマップ

ノーマルマップを吐き出したら、ToolsのTangentSpace Normalmap To Cavithiesmapを押し
別ウィンドウが表示されたら、左画面右クリックでノーマルマップを読み込み
右画面右クリックのGenerateでキャビティーを生成できる

利点は、モールド表現、有り体にいえばシワや溝などの強調表現に便利なこと
Zbrushのノイズメーカー等と組み合わせれば、シームレスなマテリアル表現が可能になる(検証中)


http://eat3d.com/free_zbrush_xnormal_pipe