SSSシェーダーの要素別書き出し

SSSシェーダーの要素別書き出しメモ

misss_fast_shader_X_passesの各要素にwritetocolorBufferノードを割り当てる




手順


  • misss_fast_shader_X_passesを作る
  • WritetoColorBufferノードを3つ作成し、Front_Buffer Back_Buffer Diffuse_Bufferと命名しておく
  • コネクションエディターでmisss_fast_shader_X_passesのFront_result、Back_result、Diffuse_resultを各ノードのカラーにリンクさせる
  • レンダー設定のパスタブでカスタムカラーパスをそれぞれのノードに対応する分(ここでは3つ)作成する
  • ノードのアトリビュートを開くと、パスを指定する項目があるので、それぞれに割り当てる。
  • Photoshop上だと、DiffuseとShadow、AOを載せた上に覆い焼きリニアでFrontとBackを重ねるとレンダリング結果と同じ見え方が得られる。
追記

  そこまで厳密に調整する必要がなければ、SSSシェーダーのアウトカラー1つだけを割り当ててコンポジットするのもありかもしれない