ZSphereメモ

何度も忘れるのでメモ

モデリングの初期段階のフォルムを決定する段階で使う
利点は残しておくとリグ的に使え、あとでポージングをする時に楽なこと

[button]
Tool>Tool>Zsphere
Tool>Adaptive Skin>preview
Tool>Adaptive Skin>Make Adaptive Skin
Tool>Rigging>Select Mesh
Tool>Rigging>Bind Mesh

ツールパレットでZsphereを呼び出す
基本的に、Editモードで枝の増減、Move Rotate Scaleでスフィアの移動を行い
希望の形に近づける
そして、Tool>Adaptive Skin>previewを押し、納得の行くポリゴンに変換されたなら
Tool>Adaptive Skin>Make Adaptive Skinで適用
これで、Tool>Tool>のパレットの中にポリゴン化したものが入っているので、サブツールに呼び出し、スカルプトする。


元の形Zsphereをパレットから選択肢し、Tool>Rigging>Select Meshでポリゴン化したオブジェクトを選択、
Tool>Rigging>Bind Meshを適用すると、スフィアの移動や回転縮小にメッシュが追従するようになる。


補足

枝の増減の仕方、Editモードでalt+スフィア選択で消去、shift+ボーンクリックで間接増加